肌の潤いを維持すること

肌の潤いを維持するためにはどんなことが必要かと言うととにかく乾燥をさせないということが重要になります。つまりは、紫外線対策とかそういうことをするというのが肌にとてもよいことになります。少しでも無理なく出来ることからはじめるようにしましょう。

シルクリスタの効果と私の口コミ!届いた様子から解約方法まで全解説!

それこそ肌のためによい石鹸を使うようにする、ということだけでも意味があったりします。肌の潤いのためには乳液のようなものをしっかりとつけるというのも重要です。これは男性にもいえることになりのます。女性であれば乳液などを助けるということが当たり前にはなっているのでしょうが男性ですすとさすがにそういうことがあんまりないのでもし男性で肌に潤いが感じられなくなってきたというのが気になるのであれば、まずは乳液のようなものを試してみるということからはじめてみると良いでしょう。

とにかく肌を洗うという行為も意外と肌に対する負担になっているわけですから、その為のものを少しでも肌に対する負担が軽いものにしたほうがよいでしょう。皮脂を落としすぎることもよくないわけです。ある程度は当然、肌は洗うことが重要ですが、極端に皮脂を落とすと逆に潤いが消えることになりますから注意しておきましょう。

大人ニキビには【プレオイル】が効果てきめん!

今回は、私がたった一つのオイルでニキビ肌を改善したお話します。

nicoせっけんの効果

私は中学時代からニキビに悩んでいました。

Tゾーンはもちろん、頬やあごにまでブツブツと広がって顔は真っ赤…。中学生にもかかわらずBBクリームとパウダーを塗ってまで学校に行ってました。

超脂性肌なので、「大人になれば改善されるかな?」なんて思ってましたが、20代後半になってもニキビとはずっと離れられない汚肌でした。

年齢を重ねるにつれて乾燥悩みも多くなってきましたが、相変わらずアゴや顔周りには痛いほど腫れるニキビがたくさん…。生理前なんて特に増えます。

基本的には10個以上のニキビが顔にあった状態ですね。

そんな時、美容雑誌で「バイオイル」が大人ニキビに効くという記事を見ました。

なんでも、大人ニキビは乾燥から来るものだから、取りすぎた皮脂を補ってあげることが重要なんだとか。

確かに、私は中学時代から脂性肌向けのコスメを使っていたせいで大人になる頃には乾燥も気になっていました。

「これは一理あるかも」と思い、オイル美容に挑戦してみることに。

オイルの使い方は人それぞれのようで、化粧水前に使ったりスキンケア後の仕上げに使ったり出来るとのこと。

私はベタつくのが嫌ですし、オイルは角質を柔らかくしてくれるとのことなので、洗顔後化粧水の前に1滴使って導入液のような感覚で使ってみました。

使ってから2週間くらい経った頃、ニキビが激減してきました。

ニキビが治ると言うより、新しいニキビが出来なくなったという感じです。

今は使い始めて1年くらい経ちましたが、ニキビ跡も消えてきてスッピンに自信が持てるようになりました。

サプリや高級美容液に頼らず、たった1本のオイルで変わったのです。

乾燥もしなくなったので、私と同じ乾燥性ニキビに悩む人は是非使ってみてほしいです!

私の最近のお肌の悩みは生理の時にカサカサになることです。

私の今のお肌の悩みは、生理の時のお肌の状態がとてもいやなことです。nicoせっけんは効果あり?

特に、今私は整理中なのですが、それがとてもつらくて、結構お肌が傷んでいるというかお肌がもう尋常じゃないくらいひどいんですよね、で人に見せられないよな感じのするような感じのお肌なんです。だから今日みたいな日はゆっくりとしたかったのですが案の定お客さんが来てしまってとてもつらかったです。

それに私はあまり自分のお肌の状態がいいと思っていませんからやっぱりいやだなと思ってしまうことが多いです。それでも何とか今の状態まで持ってきていますからもう少しだけいい状態にしたいなということを感じています。なんとなく私は今の状態に満足できていませんのでもう少しだけいい状態にしたいのですがやっぱりそれなりにいろいろと大変な気持ちがしています。

もう少しいい状態にするためには今一度いろいろなことを考えていく必要があると思いますし少しずつ少しずついい状態にしていく必要があると思っています。私はこれからもいろいろと考えていく必要があると思っています。もう少しお肌のためにいいことをしていきたいなと思っています。頑張っていろいろとやって言って今以上の状態をキープしていきたいなということを感じています。

すべての肌不調の原因は、乾燥なのです

私は特に秋冬、肌不調に襲われます。

ということは、春と夏は肌の調子はすこぶる良いのです。

秋冬になると、さまざまな不調が現れるのです。

そして、それは、全て肌の乾燥が大本の原因になっているのです。

ビマジオ

私の肌の不調は、まずはカサカサになり、粉をふいたり、脚などは鮫肌になったりするのが一番です。

四六時中、カサカサしているので、特に手などは、ハンドクリームが欠かせません。

これは私にとっては、乾燥が原因だと、わかりやすい症状です。

原因が乾燥だとわかりにくかったのは、肌にブツブツができてしまうことだったのです。

例えば、ほっぺたの横の部分や、二の腕、腰やお尻まわり、もも、などです。

この部分の関連性がまったくわからず、同じようなブツブツができてしまうのです。

皮膚科へ行きましたら、全て、乾燥肌の症状だとのことでした。

ほっぺたの横の部分は、洗顔の時に、手入れが行き届いていなかったのかもしれません。

また、洗顔後は入念に化粧水で保湿しますが、ほっぺたの横部分には、足りていなかったのかもしれません。

それでは、二の腕やももは、どうしてなのでしょうか。

乾燥肌の体質にとっては、乾燥は全身にわたるのですが、二の腕、腰回り、ももなどは、洋服にかくれている部分です。

そのため、衣類ですれてしまい、乾燥がより進んで荒れてしまっていたのです。

乾燥肌は、全身を保湿して、肌に触れる部分の衣類は、シルクや柔らかい綿などの天然素材がよく、摩擦を減らすことが大事です。

年齢とともに感じるスキンケアの大切さ

若いころから肌がきれいだとはいいがたかったのですが、年々肌の老化を感じております。毛穴の開きも気になっていたのですが、シミやそばかすが徐々に目立つようになってきました。そして、30歳代後半になってくると目元のしわが気になり始めました。

ととのうみすと

メイクで何とか頑張ってカバーしようと努力をして、下地化粧品やファンデーションを試していていましたが、コンシーラーなどでシミやそばかすを隠すようになりました。飲み屋のような薄暗い場所ではいいのですが、明るい場所に行くとはやり若さを感じない肌になっているという事をつくずく感じます。今まではメイクでカバーしようと考えていましたが、若いころのスキンケアが重用だったのではないかなぁととても後悔しています。
若いころにきちんとお肌の手入れをしていれば、すっぴんの状態でも肌の若々しさを保つことができたのではないかと思います。この年齢になって、若いころの習慣ってとても大切だと感じましたが、年を取る毎に今までの習慣を後悔します。

今になって、今更高いスキンケア商品を購入してもおそいのかなぁと考えたり、美容にお金をかけられるほど生活に余裕がないと考えたりして、メイクがだんだん厚くなってきているのがとても気になります。何事も若い頃が大切だと、日々感じて過ごしています。

若い時からトラブルだらけ!でも前向きに!

私がお肌に悩み出したのは中学生。顔に出来たニキビが始まりでした。最初はプツッと出来た1つのニキビを見て、「あ、ニキビだ!」と少し大人を感じたりもしました。しかし、この時はまだこれから続くニキビとのお付き合いの日々を想像出来ませんでした。

ポラッシュは販売店で市販されている?

1つ出来たニキビは、日を追う毎に2つ、3つと増え始め、気付けば頬はニキビだらけ。毎日毎日鏡を見るのが嫌になり、洗顔は当たり前、母にも相談して皮膚科に通い、外用薬を処方してもらいました。この薬をつけて学校へ行くと、顔がべたついて髪もベタベタになったりして嫌でした。

また清潔に保つために、寝る時の枕はこまめに洗濯したり、顔に髪の毛が当たらないように髪をまとめたりしましたが、年頃なので、前髪を上げたり、横に分けたりするのには抵抗がありました。毎日薬用の化粧水をつけたりと費用もかさみました。

大学生になる頃にはだんだんと落ち着きましたが、メイクをし始め、綺麗にメイクが乗らないことに困った事もありました。現在、大人になって、学生時代の様なニキビはありませんが、ストレスがかかったりすると、ニキビが出るようで、今でも時々ニキビと戦っています。

また、今困っているのはシミです。今度はシミを気にする様になってきました。ニキビのようにでこぼこしたりすることはないですが、メイクで隠したりと手がかかります。しかし、コロナで自宅で過ごす事が増え、化粧をする頻度が減り、家では化粧水をたっぷり、外出するときは日焼け止めを絶対塗って外出しますが、ファンデーションをしないせいか、肌に潤いが戻った気がします。

若い時から、そしてこれからもずっと、色々と悩むことはあると思いますが、これが自分だと受け入れて、出来るケアをしながら自分らしく過ごしたいなと思っています。

外食が恥ずかしい

乾燥する季節になると、肌がかさかさして非常に不快です。http://cepisecompetencebenchmark.org/

とくに、花粉の季節になると鼻をかむので不快度が益々アップして悲しくなります。

どうしてかというと、鼻水がズルズルと出てくるので鼻をかむのですが、かみすぎて鼻の下の肌が荒れてヒリヒリしてきます。

皮がむけて、メイクで隠しきれません。

とりあえず、花粉対策も兼ねてマスクをしているので、大丈夫なときもあるにはあります。

でも、食事をするときなどはマスクをしたままというわけにはいきません。

お茶のときもそうです。

赤くなり、肌がカピカピになったところを人前にさらすのは、なんとも恥ずかしくてたまりません。

もちろん、ワセリンをつけてカピカピの緩和を狙ったり、質の良いお高いティッシュを使ったりもしています。

ただ、コレという完ぺきな対策は見つからないまま、数年が経過しました。

最近は、鏡をじーっと見ると色素沈着が進んだ気がします。

おそらく、鼻のかみすぎが肌ストレスとなって、黒ずんでしまったのではないでしょうか。

顔のど真ん中にトラブルを抱えるって、本当に困ります。

隠しても隠し切れない悲しみ。

鼻をかむ→保湿する→皮がむける→保湿すると、エンドレスで行っている私。

終わりなき戦いです。

お肌の悩みあるある!

http://www.ateliercinex.org/

1. ブログ記事のタイトル

お肌の悩みあるある!

2. ブログ記事を入力してください。

最近プロテイン不足、日光不足なんて言葉耳にしますよね。

美を意識してつい太陽の陽に浴びるのを躊躇する人がいま

す。それはやめて、しっかり日光に浴びて健康でいましょ

う。日光にちゃんと浴びている人と日光に当たるのを避け

る人大きな違いがあります。それは、ちゃんとした美容ケ

アを知っているか知らないかにあります。

しわによる老化、ニキビによるぶつぶつ。ケアナに目立つ

いちご鼻。肌におこるうる問題はさまざまです。わたしも

そんな肌トラブルにあっている一人です。とくに、わたし

の場合、ケアナの周りにうじゃうじゃたまりこむ何かよく

わからない、(たぶん黒ずみ)物質と闘っています。

はじめはあまり気にしないでいましたが、どんどんそれが

増えてきて、ついには“もうどうすれば”と気持ちがあせる

ようになってきました。

そこで、スキンケア美容液を使うようになり、毎日毎晩鼻

顔周りに塗りたくり、顔中真っ白にして家族に笑われなが

ら、日々生活してます。

わたしなりの美容法これなら肌のトラブルも絶対ふせげ

る!という客観的な証拠などありません。みなさんにそこ

はおまかせします。

ただ、これだけは言わせてください間違って肌を悪化させないことです。

まとめ

1 美容液を使って肌をきれいにする

2 太陽に浴びる

以上です。

みなさんの役に少しでもたてると願って。

産後時間がない人の肌ケアについて

私は30歳2歳児の育児をしながら会社に勤めています。現在第2子妊娠中です。

チェルラーブリリオの効果!

【産後の肌ケアについて】
初めての出産が28歳の時、産前までは高いデパコスのスキンケアを丁寧に行い、十分に入浴時間も取り、たまにはエステなんかも行ったりして、とても肌に気を使っていました。どちらかというと乾燥肌でしたが、化粧品会社に勤める友人にもキメ細かい肌ですごい優秀と言われるくらい、肌悩みはほとんどありませんでした。
ですが出産後の生活は全く違ったものになりました。

子供と一緒にお風呂に入って子供のことをすると、スキンケアには十分時間も取れないし、養育費にまわしたいので自分にはあまりお金もかけたくない、何より産後肌質が変わったように思えました。どちらかというと乾燥肌、には違いないのですが、ホルモンの乱れか吹き出物がでるようになったのです。

【現在のスキンケアについて】
とにかく洗顔を見直し、最終的に行き着いたのは『赤箱』といわれる牛乳石鹸でした。ニキビ専用の洗顔料を利用したらニキビは確かになくなったけど乾燥がひどくなった…。雑誌でランキング上位だった洗顔料を利用してみた結果保湿はよかったけれど毛穴汚れが残った…。など、どれも満足な結果が得られませんでした。
今まで石鹸洗顔をすることはありませんでしたが、『赤箱』は乾燥しすぎず毛穴汚れは目立たない程度に落ちる、という私にとっては丁度良い商品でした。
他のスキンケア商品については、特にこだわりなく低刺激なものでいろいろなものを利用しています。
特に肌トラブルは現在のところほとんどありません。私にとってのスキンケアで一番重要なところは、洗顔です。
コロナや育児に追われてデパコスを買いに行けない、そんな状況なので、この方法でしばらくは続けていきたいと思います。

顔のたるみは顔年齢を上げる

30代前半女性です。

28歳の時に婚姻が決まり会社員を辞めフリーランスに転向しました。

最初に起きた変化は運動不足による激太りでした。http://kogumanabi.jp/

フリーランスに転向したのは居住地が遠くなるから。取引先と話し合い、客先商談がある時、会社に私宛の荷物が届く時以外は在宅勤務で対応する。というものでした。

とはいえ週2回は電車2時間乗り継いで出勤していたこと、都内ではない郊外での生活は何を買いに行くにも徒歩20分以上かかったり自転車が無ければ行けない距離だったり。何より駅まで15分の距離だったため、都内で駅徒歩3分、会社まで15分だった生活に比べればむしろ運動出来ているつもりでいました。

しかしそれでもたった半年で6kgの増量。

加齢による変化なのか、いままでリンゴ体形と呼ばれるお腹周りが重点的に太るタイプではなく、お尻、腰も太くなりました。

なにより顔がパンパンであること。

常にオイリーで二重あごが目立ち、なにより顎にできたニキビが赤く大きく目立つ。

体の太りは服で隠せても顔の問題は隠しきれず随分不摂生に見えたことだと思います。

その後、妊活のため数年に渡って服用していたピルを辞めてみると今度はもみあげ付近のニキビが多発するようになりました。

今思えばニキビではなかったようで対処を誤り、生理周期にあわせて発生する痛くてしこりのあるもみあげの吹き出物はいつのまにか色素沈着として傷が残る結果になりました。

そんな顎ともみあげのニキビに悩まされること数年、やっと妊娠出来た時、妊娠のおかげなのか、仕事を休み化粧をしなくなったおかげなのか、悪阻により全く食事がとれなかったことによる腸内リセットが良かったのか。妊娠してからひどいニキビが出来ることがなくなりました。

ニキビが出来なくなってふと自分の顔をみて驚いたのが顔のたるみでした。

悪阻により7キロの体重が落ちた私は気づけばパンパンだった顔も少し落ち着いた感じに戻っていました。

でもよくみると肌はなんとなくハリを失い、家で誰ともおしゃべりすることなく長期間過ごしたせいか表情筋も失い、全体的に老け込んでいたんです。

いままで太っていたせいでオイリー感と脂肪によるハリで気づかなかっただけだったのです。

肌と表情均のたるみは何よりも年齢を表します。

久々に会った友人にも一時期より痩せたけど老けた?疲れてる?と言われる始末。

実際は痩せてニキビ問題も解決しているのに、印象は悪くなっているんです。

今在宅勤務やマスク生活が続いていますが、そんな生活だからこそ気を付けたいのは肌質のたるみと表情筋のたるみだと実感しました。

脱!粉ふく冬の乾燥肌@自分なりの改善策

私は、毎年この時期になると、口回りが乾燥して粉がふくんです。ビハキュアの効果と口コミ評価!販売店での市販状況などもご報告!
人によっては肘や膝に粉がふいてしまうかたもいるんじゃないでしょうか!?

ましてや今はコロナ禍でマスクをする生活だから尚更ですよね。

もともとお肌も弱いこともあり、最低限のお肌手入れしかしていないこともありますが

それを変えていないにも関わらず今年は一度も粉をふいていないんです!!

大人ニキビなどは相変わらずできるけど、

肌が乾燥している状態には一切ならず過ごせています。

結論から申しますと、決定的に解決になった要因は見つかっていません。(笑)

ですが、コロナの影響で私自身私生活でいろいろな変化があり

そういった中での体の変化や自身の意識から変わっているのではないかと考えています。

私は、毎日続けたりスキンケアに時間をかけたりということができない性格ですが

そんな私でもお肌が変わったかもしれないと感じる要因がいくつかあるので

ご紹介させていただきます。

①運動を始めた

以前は運動は全くしてませんでした。

が、コロナ禍でコレステロール値が上昇したことをきっかけに

週2~3軽い運動を始めました。

1時間のウォーキングとかそんな程度です。走るのは嫌いなので坂を登ってみたり。

ただ携帯などはいじらず、常に動くことは意識してます。

②MUSASHIのK`UNを飲み始めた

こちらはもともと運動をきっかけに知ったものですが

他のタイプの物がめちゃめちゃ効果があり、気休め程度に飲み始めた

機能性補助食品です。

③ビタミン剤を飲み始めた

最初は果物で摂取しようと、あれこれ食べてたんですが

調べてみると果物って意外と糖分高かったり、ビタミンEは摂取できるけど

ビタミンCはすくなめとか。バランスよく摂取できませんでした。

あと、食べたい果物が日によっては高かったり。

外出先でも簡単に摂取できることもあり、こちらもマルチビタミン剤を

気休め程度に飲み始めました。

私が心あたりある変化はこの3つです。

もともと乾燥肌でしたが、何が原因で乾燥が改善されたかはわかりませんが

この3つを始め半年が経つ冬から変化を感じたので

私の身体には相性がよかったのかもしれません。

人間ひとりひとり、体質や弱い部分や体内で不足しているものが異なるなかで

自分なりに分析してみて観察し、長期的に続けることで

改善の糸口が見えてくるのかもしれませんね。

虫刺され跡は危険です

蚊に刺されますか?私は非常に刺されやすいです。

シロイストは評判以上の美容液!

そして悪化しやすいです。一度悪化して水膨れ状態になると跡が、3年は消えなくなります。ついでに年々その期間は伸びます。そこに紫外線がくわわると更に、

更に、悪化します。黒っぽくなります。ほっとくとそのままシミになるので要注意です。若い頃は、シミなんてほんとにできるのかなと思っていたのですが、ちゃんとできましたね。ないときにもっと対策を勉強しておけばよかったと思います。

現在下の子が私と同じ体質のようで、虫刺されが毎年ひどくなります。なので夏は外に出たがりません。

冬は、刺された跡が乾燥して痒いようで相変わらず外には出たがりません。

なので親子で、夏は日焼け止めと虫除け対策を。冬は乾燥対策が欠かせません。

たいしつを改めようと思った時期もありましたが、なかなかすぐに結果が出るわけではないので結局元の木阿弥になったりします。

これからも付き合わなければならない自分の身体、お肌をいかに大事にしていくか。悪化させずに付き合っていくか。いかにして虫を自分に寄せずに過ごせるか。毎年試行錯誤しながら四季を堪能していきたいなと思います。良い方法があれば試したいので教えていただけることがあればぜひ。

乾燥肌で冬の寒さがつらい

私はもともと乾燥肌だったのですが、ここ数年その傾向が強くなったように感じており悩んでいます。http://tenbyo.com/

これまでは、ある程度の保湿を気にしてケアをし、濡らしっぱなしにしないように気をつける程度でなんとかなっていました。せいぜいカサカサとした感じになり少し粉っぽくなるかなといった程度の影響しかなかったですし、12月~2月末くらいまでの厳冬期を乗り越えれば、また普段どおりのコンディションに戻りあまり細かいことを気にしなくても大丈夫になっていました。

しかし、ここ近年は秋の深まる10月頃から4月頃まで、衣服で言うとコートの用意をし始めてからまた仕舞うまでの間は肌の感想が気になるようになってきました。

2020年からは新型コロナウィルス感染症の影響もあり、マスクの着用が当たり前になった昨今の情勢ではことさら肌に対するダメージが気になります。飛沫のカットには一番優れていると言われている不織布のマスクですが、モノによっては肌との相性が悪く、少しかぶれたように赤く腫れたりもするようになってしまいました。

まだマスクが必要な情勢は当分続きそうですし、どのようにして変わってしまった肌の質と付き合っていこうか考えているところです。

顔の乾燥が止まらないときに試してほしいこと

いくらスキンケアをしても、お肌の乾燥が止まらない事があります。そんな時に試してほしい事をまとめました。

ライスビギンの効果を辛口評価!私の口コミやネット上の評判などをご紹介!

・アウトバスオイルで肌をやわらかくする

洗顔後、化粧水の前に顔用のオイルでお肌を柔らかくしてみてください。使い方は簡単で、洗顔後のお肌にオイルを数滴たらして優しくマッサージするだけです。オイルが馴染んだ後は、通常通りに化粧水や乳液でスキンケアするだけです。オイルが肌をやわらかくしてブースターの役割りになってくれるので、化粧水の浸透もよくなります。

・頭皮用ローションを使う

顔の乾燥が深刻な時には、「頭皮ケア」で改善する場合があります。肌は全身つながっているので、頭皮の乾燥がお顔の乾燥に関係している場合が結構多いです。ドラッグストアでも頭皮用のローションを置いているので気軽に試せます。

・ヒアルロン酸サプリを飲む

ヒアルロン酸とは、水分を豊富に含むことができる成分です。基礎化粧品に含まれている成分としてもよく見かけます。このヒアルロン酸をサプリで摂取することで、体の内側から水分チャージすることができます。個人差はありますが、夜にヒアルロン酸サプリを飲んで寝ると朝の化粧ノリが良くなることが多いです。

お肌にたっぷり潤いを与えて、乾燥対策がんばりましょう。

その後病院に行ったら…

ボディソープを変えてから、全身のかゆみとかゆみのせいで、肌がボロボロになってしまい、困っていたので、意を決して病院へ行くことにしました。

病院で事情を説明し、せっかく病院に行ったので今まで気になっていた部分についても相談をすることにしました。

元々子供の頃からアトピー持ちでずっと皮膚科に通って薬を塗っていた私。http://www.etrackmedia.com/

大人になってからは目立ったトラブルも全くなく過ごしていたので、ほぼ完治していたのだと思っていたのですが、先生には、アトピー持ちの典型的な症状ですと言われその後、アトピーについて長々と説明を受ける羽目になってしまいました。

結果、可哀想だけどアトピー持ちなら仕方ないから、あきらめてね~といった軽い感じで話をされました。

そして、かゆみ止めの薬と塗り薬を処方され、かゆみ止めは効かなかったら変えるから、1週間後にまた来るように言われました。

その他、行ったついでと思い、毎年乾燥する冬になると、手足が異常にカサカサになり、足に関しては、歩くと布団やじゅうたんなどに擦れたら、擦り傷のように痛いのでそれも言うとアトピー持ちなら仕方ないといわれました。

しかし、この症状はここ数年のことで年を取ってからの症状なのに…と思いながらも渋々受け入れました。

もう一つの症状はこれも冬場が多いのですが、足の裏に水膨れのようなできものが突然できて、それができると猛烈なかゆみで、しばらくするとその部分が固くなって皮がむけて治るというのを繰り返すもので、どちらかというと長時間靴を履いている場合などによくあらわれ、ネットで調べると水虫とは違うようで、今回皮膚科にせっかく行ったので聞いてみた。

すると、先生は水虫じゃない?と言い、調べ始めました。

私は事前に調べていて、水虫ではないことを知っていたので、まさか?と思っていたら、案の定、水虫ではないねと言われ、先に出した薬でも塗っときな~という軽い返しで、それ以上の病状は不明。

何とも適当な先生でした。

そして、一番治したいかゆみは薬を飲んでもいまだ解決せず。

また、次回の病院の時に聞いてみようと思います。

10代の頃からあるシミ

頬にあるシミは、高校時代にはすでに薄っすらと出てきていました。http://www.gare2-nimesmanduel.com/

それまで紫外線対策などを一切してこず、日に焼けては赤く腫らして、また日に焼けてを繰り返していたので、今から思えばそれが原因だったのだと思います。

それでも、10代の頃に特別なお手入れやケアはしていませんでした。

シミ自体もこの時は近付いてよく見るとシミだと気が付く程度の者だったので、気にしていなかったのです。

しかし20代になると徐々に頬のシミが濃くなっていきました。

徐々に、徐々にだったので、あれ?と気が付いたころには遠目から見ても分かるほどに。

触ってみるとカサカサしているというのか、ザラザラしているというのか、周囲の肌の質感と明らかに違っています。

そうなってからやっと化粧水や乳液を意識して浸けるようになりました。

けれどもシミの悪化はとどまることを知らず、更に濃く、大きくなっていきます。

安いことだけに重点を置いて使っていた化粧水と乳液を、美白の文字の入った化粧水と乳液に変えてしばらく、一向に良くなる気配はありません。

そこで美白成分について調べ、ビタミン誘導体、プラセンタ、トラネキサム酸が配合された化粧水、化粧品より医薬品と色々試してみたのですが、それでもくっきりと頬に出ているシミは薄くもなりませんでした。

飲み薬も試したけれども効果はなく。

レーザー治療しかないのだろうか?と考えていた時にハイロドキノンを試してみようと思い立ちました。

縫って数日、赤く腫れ、痒みが出て、酷い状態にはなりましたが、瘡蓋が出来て、瘡蓋が剥がれた後を見れば、少しシミが薄くなったような気がしました。

何度も繰り返すことでシミが消えていくそうなので、現在もハイドロキノンを使用しています。

目の下のクマとその下のシワ

目元のクマとシワに悩んでいます。ビューティーオープナージェル

ここ数ヶ月で特にひどくなっていることを実感しています。

原因は、スマホ画面やテレビを一日中見ていることだと考えています。

クマやシワが気になり始めてからは特に、痛みも感じているので目の疲れが原因なのではないかと思います。

ちょっとした時間でも目を閉じて休ませたり、極力スマホを見ないように気をつけたりしていますが、もちろんそれだけでは見てわかるような改善は全くありません。

最悪メイクをすればクマは消せるので、まずはシワをどうにかしたいと思いました。

保湿クリームを塗ってマッサージをしたり、スキンケアの時にシワを伸ばすようにしたりしました。

それも特に効果がなく、しっかり睡眠が取れればシワはマシですが酷い時はしっかり深いシワができてしまいます。

クマの改善は、眉毛をつまんでマッサージをするようにしています。

それをすることで、目がぱっちりしたり瞼のむくみが少し軽減されました。

クマの改善は特に見られません。

私の母親が全く同じような悩みを若い頃から持っていたみたいなので、シワやクマは遺伝なのではないかと諦めかけています。

しかし最近酷くなった原因がはっきりわかっているので、少しずつ改善していきたいです!

乾燥肌を撃退し、すべすべ肌に!

この時期、どうしても切っても切り離せないのが【乾燥】です。
乾燥していると、どうしてもがさがさして気になりますよね。

ラントゥルース

特に顔はマスクをしているから頬は見えないけど、マスクを外すとがさがさ肌が出てきて、食事の時でもマスクを外すのが気になります。
乾燥がもたらすのは顔だけでなく、手や足なども乾燥のせいで水に触れるとしみたりします。
顔であれば化粧水や保湿クリームでたくさんの潤いを与えてあげればいいけど、手や足はボディークリームを塗って潤いを与えてあげましょう。

やはりお風呂上りに塗るのがおすすめです。
現在、市販のものでお風呂で塗って、洗い流すタイプもあります。
私は洗い流さないものを現在使用しています。
お風呂上りに気になる、足や腕などにたっぷりとクリームを塗ってからパジャマを着ます。

クリームも無香料からピーチの香りなど、たくさんの香り付きのものがあるのでその日の気分によって香りを変えて楽しむのもおすすめです。
私のお気に入りの香りはピーチの香りです。
個人差はありますがクリームを塗って、早い場合ですと1日や2日程度で効果が出てきてがさがさ肌はすべすべになります。
乾燥がひどくて日中、かゆくなったりする場合は昼間にも気になる部分に塗ってもオッケーです。

ニキビと思っていたらダニ!?

いつの時代も、女の大敵ニキビ。思春期だけかと思いきや、大人になった今でも、生活環境によりポツンと…。あぁ、なんともつらい。見られたくない。化粧したくない。
ただ、このニキビと思っていたものが実はダニだったら…?

http://www.savonmalva.com/

皮膚科を受診し、抗生剤をもらったもののなぜか治らず日に日に荒れていく肌。周りからの目も気になり、化粧で隠したいけどよりひどくなる。何とかマスクで隠すも、肌の環境が悪くなりニキビは増殖する一方…。

こんな悩みを持たれている方は、もしかすると顔ダニの可能性があります。
実は、誰しもが顔面にダニを飼っています。人間は顔ダニと共存しており、余分な皮脂を取ってくれるなど、いい働きをしてくれています。しかし、暴飲暴食やストレスなどが原因で、このダニが増殖しすぎてしまうと顔にニキビがたくさん出来てしまうのです。この場合、ニキビ治療に使われている薬は残念ながら効きません。しかし、原因を突き止めて対応した薬を使うことできれいな肌を取り戻せる可能性があります。

肌のことで病院に行くのに抵抗がある方もいると思います。また、もうすでに通院しているけど良くならない…と悩んでいる人もいると思います。
そんな人は、ぜひ、セカンドオピニオンをお勧めします。私も、そんな悩んだ人のうちの一人です。

7年間悩み続けていたニキビ

私は7年間、ニキビに悩まされていた19歳の大学生(男)です。http://www.aim-ilccc2019.com/

しかし現在はとある方法を試してニキビが減り、女の子にも「美白」と褒められる肌を手に入れました。

私は小学6年生の夏にニキビがおでこにでき始め、それから徐々に鼻、頬、顎へとニキビが進行していき、中学1年生の冬には顔全体にボツボツと赤ニキビが広がってしまいました・・・

ニキビが出来た当初は、ニキビ用の洗顔料に変えたり、前髪を上げたり、皮膚科に行って薬を貰ったりしましたが、一向に減りませんでした。

夏になると赤ニキビだけでなく白ニキビやしこりニキビなども増え、痒かったり痛かったりで最悪でした。

高校1年生のころ、流石にニキビにいい加減腹が立ち、何が何でも治したいと思った私はインターネットでニキビを治す方法を調べまくり、その方法を片っ端から試しました。

試してから2年後の高校3年生の冬には友達や女の子からも「美白だよね」と褒められる肌になりました。

その気になる方法は、2つあります。

1つ目は、枕カバーをこまめに変えることです。枕は使い続けると非常に多くの雑菌が繁殖しているということを知り、私は2日に1回は変えました。最低でも3日に1回は変えると良いそうです。

2つ目は、洗顔です。私が高校1年生になるまでは、洗顔は泡立てず手で顔をゴシゴシと洗うだけでした。これでは肌の汚れは取れない上に、肌を傷つけてしまいそこから細菌が入り込んで、逆にニキビができる原因となります。そのため、洗顔料を手に取ったら泡立てネットでしっかり泡立て、泡のキメで洗うように変えました。また、その後に化粧水、美容液、乳液でしっかりと保湿をしました。

この2つを2年間続けたことにより、大学1年の今ではニキビが1つもない綺麗な肌へと変わりました。

今でもこのようなスキンケアを怠るとニキビができます(^^;)

マスクをするようになってからほうれい線が目立つ

外出するときは必ずマスクをするようになってからほうれい線が目立ってきました。マスクをしていると口元は見えないので意識していませんでしたが、鏡を見た時にほうれい線が「くっきり」と目立っていました。ファンデーションがシワの溝にはいりこんでいるし、老けた印象です。

http://www.epicbiotech.com/

あわてた私はしわ専用の美容液を使いました。その美容液は朝、夜のスキンケアの最後に使います。肌なじみがよく、うるおっているのがわかりましたが、初めはほうれい線がうすくなったと感じませんでした。

3本目を使っているときに「あれ、もしかしてほうれい線がうすくなっている」と感じたのです。部分用の美容液は肌の内部でがんばっていたのですね。いつの間にかほうれい線が気にならなくなったし、ファンデーションがシワの溝にはいりこんでしまうことがなくなりました。

お肌ケアで気をつけているのですが私はお口の体操をするように心がけています。マスクをするようになってから、大きく口を開けてはっきりとしゃべることが減り、お顔の筋肉を動かすことが少なくなってきました。だから意識してお顔の筋肉を動かすようにしています。

外でも、自宅でも(あ・い・う・え・お)と大きくお口を開けて動かします。外では声を出さなければマスクをしているので変な顔を人に見られることはありません。お手入れで専用の美容液を使っているのと、お顔の筋肉を動かすことでほうれい線が目立たなくなったので続けていくつもりです。