クセが強いのかこだわりが強いのか

幼い頃から共に過ごしてきた愛犬は、子供の相手をずっとしていたからか落ち着きのない犬に成長してしまいました。Ta-Ta(タータ)の口コミと効果をご紹介!一番お得な通販サイトはどこ?

昔ながらの飼い方で雑種の中型犬で庭での放し飼い、子犬の時しか室内外をしていなかったからか、外が好きなのか、呼んでも絶対に室内には上がってこず後ろ脚は精いっぱい伸ばしてでも外にいます。洪水の際は母が力いっぱい抵抗する愛犬を引っ張り入れ、怒りながらすぐに庭に出られる場所を陣取り座り込みを一日中していました。

おやつの好みを知りたく、たくさんのおやつを並べると、どんな並び方をしても必ず左側から食べる!というクセがあり、何度も試したけれど結局何が好きなのかわからずじまいです。

しかし、祖母がねこまんまを与えてしまった際はこんにゃくだけきれいに残す。という事件があったため、彼はこんにゃくは嫌いということだけはわかりました。

他にも、散歩が嫌いでリードを見つけると唸り、母と私なら諦めて散歩するけれど父と弟のは容赦せず歯向かってくる、そして隙あらば噛みつく、という何故か女性上位のピラミッドができてしまい困りものです。しかし「一回本気で怒ればいい」とアドバイスしてもできないようなので、本人たちの自業自得でもあるようです。基礎的なおて・おすわり・おかわり、はきちんとできますが、男性陣の場合の不服そうな顔は見ている側からは面白可愛い姿です。

パピヨン2匹はスピチュアル犬

7歳と12歳のパピヨンを飼っています。最初は12歳のパピヨン君は、なぜか突然噛み付いてきました。

威嚇する間も無く、突然。。

Ta-Ta(タータ)を辛口評価!

この小さいパピヨンの歯は、とても鋭く、思いっきり噛んでくるので、家族は血だらけ。。テレビで見ていた、動物と話ができるハイジに会いたいと真剣に思ったのでした。

そこで検索して、ハイジは会えないにしても、動物と話せる人を探していました。すると、検索に引っかかり、愛犬とお話をしてくれる方に出会いました。その結果、険悪な家族関係からの、ネガティブなエネルギーが出ていて、愛犬に悪さをしていたのでした。私と母との険悪な喧嘩が、愛犬に災いをもたらしていたのでした。

その後は、出来るだけ母との関係を、100%ではないのですが50%は、寄り添うように努力するようになりました。少しづつ、愛犬もよくなりましたが、母が亡くなってしまってからは、嘘のように穏やかになりました。

このことを考えると、家族関係は、愛犬にも影響を与えることを知りました。夫婦の関係は悪くないので、今は穏やかな12歳になっています。2匹目のまさかのスピチュアル犬だった。誰かが来た後、突然震えだして動けなくなった愛犬は、視える犬。。

(汗)いろんな人が出入りする我が家。誰かが誰かを連れてくるのか、時折起こる現象。今では慣れたのですが、最初は体調を心配したものでした。。と、我が家のパピヨン2匹は、不思議体質。飼い主ににたのかもしれないと気がつきました。。

私がネガティブ状態だと、愛犬の体調が変わるという飼い主と一心同体のパピヨン2匹です。