カラーリングの効果を継続させる簡単な方法

女性は、定期的に髪の毛をカラーリングしている方が多いと思います。カラーリングを繰り返すと髪の毛の痛みが気になりますが、すぐに色が落ちてきて毛先が明るい色になってしまうことに悩まれる方も多いと思います。https://tips.jp/u/sayurin/a/noireflet

実はカラーリングの後色が抜ける原因は、シャンプーの後の対応に原因があります。

シャンプー自体で色が落ちることは仕方がない部分があります。しかし、その後の乾かし方で、色持ちが変わります。

それは、できるだけ早く乾かすことです。

濡れたままの髪の毛は、キューティクルが開いた状態です。いわゆる、色が閉じ込められている場所が開いている状態ですから、色落ちがはやくなってしまいます。

お風呂から上がると、先にスキンケアに時間をかけたり、子供や家族の世話があり髪を乾かすのが後回しになることが多くなりがちです。しかし、その時間が長いほど、色落ちが早くなっていくのです。

お風呂から上がったら、すぐに優しくタオルドライし、できればそのままドライヤーでしっかり乾かすのがオススメです。そこで、半端に乾かしてあとは自然乾燥、という方法を取ると、乾かしてないのと同じになります。ぜひ、髪の毛全体が乾くまで、しっかりドライヤーをかけてくださいね。

乾かす時間が勿体無いという方は、ドライヤー自体を機能の高いものにする方法もあります。少しでも色落ちを防ぐため、髪をしっかり乾かしましょう。