クセが強いのかこだわりが強いのか

幼い頃から共に過ごしてきた愛犬は、子供の相手をずっとしていたからか落ち着きのない犬に成長してしまいました。Ta-Ta(タータ)の口コミと効果をご紹介!一番お得な通販サイトはどこ?

昔ながらの飼い方で雑種の中型犬で庭での放し飼い、子犬の時しか室内外をしていなかったからか、外が好きなのか、呼んでも絶対に室内には上がってこず後ろ脚は精いっぱい伸ばしてでも外にいます。洪水の際は母が力いっぱい抵抗する愛犬を引っ張り入れ、怒りながらすぐに庭に出られる場所を陣取り座り込みを一日中していました。

おやつの好みを知りたく、たくさんのおやつを並べると、どんな並び方をしても必ず左側から食べる!というクセがあり、何度も試したけれど結局何が好きなのかわからずじまいです。

しかし、祖母がねこまんまを与えてしまった際はこんにゃくだけきれいに残す。という事件があったため、彼はこんにゃくは嫌いということだけはわかりました。

他にも、散歩が嫌いでリードを見つけると唸り、母と私なら諦めて散歩するけれど父と弟のは容赦せず歯向かってくる、そして隙あらば噛みつく、という何故か女性上位のピラミッドができてしまい困りものです。しかし「一回本気で怒ればいい」とアドバイスしてもできないようなので、本人たちの自業自得でもあるようです。基礎的なおて・おすわり・おかわり、はきちんとできますが、男性陣の場合の不服そうな顔は見ている側からは面白可愛い姿です。