まさか…我が子のおくちが臭う?!

自分ではなかなか気づきにくい口臭。誰かに指摘されるのは、自覚していなかった分余計に精神的なダメージが大きいですよね。ただ、そういったトラブルはある程度年齢を重ねてからのものだと思い込んでいました。

アリートの効果は評判以上!私の子供の口コミと体験談まとめ!

自分には4歳になる子供がいます。ある朝、起きてすぐに抱っこをしたところ、何とも言えない臭いがしました。まさか?と思いましたが、その嫌な臭いは明らかに子供の口からしていました。「臭い」という言葉が、気持ちの良くないものであることは4歳でも分かるので、子供には伝えられませんでした。

朝昼晩、食後には必ず歯磨きをしていましたし、歯医者さんで定期検診も受けており虫歯になったこともなかったので、なぜ?!という気持ちが大きかったです。まだ自分で管理できるような歳ではないので、親が何かしてあげないといけないと思い、原因をとにかく色々調べてみました。

まず一番は、口内が原因の場合です。磨き残した食べカスや、虫歯が臭いの素になってしまうことがあります。

また、鼻の奥にはアデノイド(咽頭扁桃)というものがありますが、この部分が大きくなってしまうアデノイド増殖症という病気が原因で鼻呼吸がうまくできず、口呼吸が習慣化してしまうことで口臭を引き起こすこともあります。

しかしうちの子供は両方とも当てはまらず、最終的に分かった原因は便秘でした。乳児の頃から便秘に悩まされ、小児科に定期的に通っているところでしたが、それでも3日くらいは出ないことがほとんどでした。腸に長く排泄物を留まらせておくことが口臭の原因になると、小児科の先生に言われたときは驚きと同時に、なるほどそうだったのかという気持ちも大きかったです。

その後は小児科の先生と相談しながら、便秘改善に向けて治療していますが、お腹の調子がいいと口臭が全くきにならないことに気付きました。

自分では思いもよらないことが原因で、身体は繋がっていてお口のケアだけではダメだと気付かされました。子供だからこそ、なんとかしてあげたいと思う親は多いと思うので、色々な角度で物事を見ることが大切だと、しみじみ思いました。