年齢とともに感じるスキンケアの大切さ

若いころから肌がきれいだとはいいがたかったのですが、年々肌の老化を感じております。毛穴の開きも気になっていたのですが、シミやそばかすが徐々に目立つようになってきました。そして、30歳代後半になってくると目元のしわが気になり始めました。

ととのうみすと

メイクで何とか頑張ってカバーしようと努力をして、下地化粧品やファンデーションを試していていましたが、コンシーラーなどでシミやそばかすを隠すようになりました。飲み屋のような薄暗い場所ではいいのですが、明るい場所に行くとはやり若さを感じない肌になっているという事をつくずく感じます。今まではメイクでカバーしようと考えていましたが、若いころのスキンケアが重用だったのではないかなぁととても後悔しています。
若いころにきちんとお肌の手入れをしていれば、すっぴんの状態でも肌の若々しさを保つことができたのではないかと思います。この年齢になって、若いころの習慣ってとても大切だと感じましたが、年を取る毎に今までの習慣を後悔します。

今になって、今更高いスキンケア商品を購入してもおそいのかなぁと考えたり、美容にお金をかけられるほど生活に余裕がないと考えたりして、メイクがだんだん厚くなってきているのがとても気になります。何事も若い頃が大切だと、日々感じて過ごしています。